ここちょっと直すなら「ココッチョ」リリース開始!




2022年4月1日、壁の「穴」や「へこみ」などの修繕に特化したサービス「ココッチョ」をリリースしました。独自の教育を施し、スキルを向上させることで、新たな「修繕職人」としての人材輩出が可能となりました。職人不足解消および過剰請求問題が一度に解決する業界初の定額制の修繕サービスを目指しています。

【URL】https://www.cococho.co.jp/


1. 壁穴修理をモバイルオーダー!定額制の修理サービス

お客さま自身が直して欲しい個所を写真で撮って送信するAI診断により、現場調査が不要!

見積もりから依頼まで一貫してLINEで完結します。AI診断は24時間可能なので、スキマ時間にさっと診断ができます。



2. 「ココッチョ」で解決したい建設業界の課題

  1. 少子化や新型感染症の影響による深刻な職人不足

  2. ユーザー側の情報不足による業者の過剰請求


3. 「ココッチョ」が解決できること

  1. 独自の人材教育により、現在不足している分野の職人を創出します。

  2. 独自のマーケティングとマッチングシステムにより、定額(※16,500円)を実現しました。

4. サービス開発の経緯

 代表の杉田は、大手建築材料メーカーの営業職を経て2020年11月に起業しました。前職で職人不足の問題を目の当たりにし、起業当初から「建設業界の職人不足を改善する」ことを軸に事業を展開しております。


 起業当初、建設業界の職人不足を解決するために、自社開発の建設業界に特化した人材マッチングアプリをリリースしましたが、根本的な解決になっていないと感じました。「職人を増やす」ためには何が必要かを思索した結果、確かな需要と教育が必要であるという結論にたどり着きました。確かな需要として「壁の穴」、教育を「修復スキル」に限定し、この2つの要因を結びつけたサービスが「ココッチョ」です。


 職人不足は建設業界が抱える課題ではなく、社会全体が抱える課題です。職人不足が原因で生活に大きな影響が発生している一つが過剰請求問題です。

 職人不足が起因している理由として、昔は、近所に信頼できる職人が存在し、口頭で修理依頼が可能でした。しかし現在、地域にいた職人は姿を消し、圧倒的な職人不足を迎える事態となりました。昔より便利になった世の中ですが、手順を一つ間違えると過剰請求を行う悪徳業者に出会う可能性もあります。



ココッチョは、その状況を地域に生活に密着した職人を増やすことで解決できると考えています。